FC2ブログ

2019-12

個人を考える時代

個人を考える時代だと思う。

「○○会社の××さん」
と社会ではよく自己紹介する。

しかし、本当は
「××です。今は○○会社です」

私はこれが本来だと思う。


確かに○○会社でなければできないことが
沢山ある。しかし、最後は仕事も××にかかって
いるのではないか。


社会は肩書きを重んじる。であれば
その肩書きこそ「名前」なのではないだろうか。


会社には一般的に定年がある。
定年になったら○○はなくなるのだから。


私は個人とプライベートでも仕事でも
おつきあいしたい。
それが楽しいからだ。面白いからだ。
○○会社でなく、あくまで××なのだ。


話は変わるが、
「正社員になったほうがいい」という
言葉をよく聞く。
しかし、これは税金や年金を確保するための
理論にしか思えない。

正社員でない=いろいろ不利、損
というが
本当にそうなのだろうか。

私には偏見としか思えない。

個人を大切にし、それを複数でいろいろなところ
で生かして何が悪い?
問題は生かし方であって、正社員でなからでは
ない。

個人の勝手にしろというのではない。
個人を尊重できる社会は
個人の力を導きだし、それは良い社会を
つくる。

強い正義は弱い個人を支えるところに生まれる。

得体の知れない組織のせいにしていては
物事は良い方向に進まない。







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taisetsunakoto.blog20.fc2.com/tb.php/38-69304bfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

中山慶一

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する