2013-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自治力

参議院選挙が終わり、日本国の政治に関してあーだこーだとTVで評論家達の評論が始まっている。

しかし、何を聞いても空虚である。この評論家達、日本国をどこから論じているのか知らないが、自分の住む地域の自治に関して何か貢献しているのだろうか、何か考えているのだろうか、と。日本は国が国がと戦後今日まで進んできた。地域の環境に合致した地域の政治を行わなくては、日本の力強い未来は作っていけないだろう。なんでもかんでも東京等の都心に集中させ、集中管理し、効果的生産を行うのだろうが、そこには人同士が自発的に形成するコミュニティの力が薄れ、その結果として自治の力、自治力も育まれず衰退していくのである。集中管理の仕組みに当てはまらないものははじき出されるか、生きる屍となっていくのである。

どこかの党のキャッチフレーズに「強い日本を」「日本を取り戻す」とかあるが、「強い地域を」「地域を取り戻す」が並列で述べられなければ単なるスローガンで終わる。もっと草の根に帰るならば「強い個人」「個人を取り戻す」までに言及すべきである。


スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

急がば回れ

選挙で新しめの政党が改革について連呼するが、そういうのに国民が簡単に乗らなくなっただろう。そういうのは某政党(新たな党ではないが)でこりごりしたからだ。

新しめの党が自分たちの考える政策実現に近づきたいならば、急がば回れで、実績を積み、それをひとつひとつ国民に示していくことが肝要だ。

口ではいくらでもいえます。いくら立派なことを言っても、行動が伴わなかったら信頼を得れないのは言うまでもないでしょう。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

«  | HOME |  »

プロフィール

中山慶一

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。