FC2ブログ

2012-04

立て直しをあせるな

原発事故を機会に日本の民主主義や自治やまちづくりの問題点があらわになってきた。この問題点は戦後の時間の積み重ねでできあがってしまったものだ。途中でも何度か赤シグナルが出ていたのだろう。しかし、それを対処療法的に覆ってしまったのだ。こうしてつくられたものは欠陥住宅のようにやがてどうしようもないところまでくる。

今「日本はどーする」とそこいらじゅうで言われているし耳にする。しかし、まだまだ対処療法的なものが進み、根本的なところをコンセプトを見直そうとするところが少ないように思う。弱いように思う。

欠陥住宅の立て直しである。ある部分はゼロから考え直さなければ、また欠陥住宅をつくることになってしまう。

もしかすると日本人は極端に「根本的な見直し」「コンセプトづくり」に弱いのかもしれない。全てを白紙に戻して考え直すことが苦手なのかもしれない。何かの前提を用意したうえで、議論をしないと議論できないのかもしれない。しかし、それでは駄目だと思う。

日本再建については世代間の考え方の違いも相当あるように思う。このへん、相互理解するところからもやらなければならないだろう。


ただひとつ大切にしなければならないことがある。
それは出された質問や指摘された問題に対して目を背けないこと、誤摩化さないこと、である。ある問題Aに対して「そりゃあ難しい」と思ったら、それをできる人を探すことである。考え抜くことができる人を探すことである。そういうアクションなしに、「難しい」「そういうものだ」で止まっていては対処療法で終わるだろう。こんなことを言っていれば「口で言うのは簡単だ」「現実だ」「大人でない」と出てくるのが目に見えてくる。そうして口を閉ざす人が増えていくのだろう。

専門家でも誰でも自分が「難しい」ということで他者の思考を止めるようであってはならない。むしろその逆で、自分も思考を進めるし、より周囲の思考を進めることをしなくてはならないと思う。


「これから重要になってくる地域力とは、思考を続けることである」
私はそう思う。





スポンサーサイト



テーマ:政治 - ジャンル:政治・経済

«  | HOME |  »

プロフィール

中山慶一

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する