2009-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順位は一見わかりやすいが?

日本は、温暖化ガス削減において世界のトップを目指す目標を立てたらしく、その実現のために各種の政策を展開する模様だ。

しかし、私は何か釈然としない。

環境破壊の背景はもっと複雑で深刻だ。先進国が自由競争のもとに人間の欲を追求してきた結果が現在だ。そこのところにもっと言及すべきではないか。

世界のトップになることが真の目標ではないだろう。地球的環境を守るために私たちは暮らしの根本を改めなければならない。そういう反省があってそこに人々の行動が伴うものだろう。

日本の社会は順位競争や他者(国)との比較など相対的なものには反応し易く行動し易いが、絶対的なものにはことごとく弱いような気がする。

島国の小国日本。
オリジナリティーが求められていると思う。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

中山慶一

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。