2009-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 何が大切かを知る年

金融不安で経済不況に入った。

仕事がない。消費がない。

皆に仕事があって、何でも買えればハッピー。
と、いいたいところだが、本当にそうだろうか???

何でも買えるような状況が、地球温暖化を進めて
きたのではないか?
世界の悪い意味での格差を広げてきたのではないか?

そろそろ先進国は
「発展」の内容を考えなくてはならない。
儲かって高層ビルが建つことを喜ぶ時代は終わったのだ。
人間の欲は尽きないが、その欲に歯止めが必要な
時代だ。

弱肉強食と言われたって自然の摂理はバランスを
保つべく「欲」に限りがある。
「欲」が尽きないのは「人間」だけだろう。

どーする、人間。
「欲」を変えることもできるのが人間と信じる。




スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

中山慶一

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。