FC2ブログ

2005-12

住居:日本の基本仕様?

建築物構造計算書偽造問題ででてくるユーザーのコメント。
「この先、29年のローンが残っている」

これに類する言葉は他でもよく聞く。

私たちはこれに慣れてしまっているのではないか。しかし、人生は一体何のためにあるのだと考えてしまう。個々の人生のみならず、社会全体のこととして。

次のようなシンプルな構造がある。
ローンをかかえる。ー> 働くことの目的の比重が「返済」に偏る
ー> 会社を辞めれない ー> リスクはおかさない ー> チャレンジはしない
ー> 個人の持つ本来の能力が出ない ー> 社会が発展しない

以上単純にしすぎるところもあるかもしれない。

ただ、ローンを抱えて持ち家(一戸建て、マンション)を持つということの意味を
もっともっと考えなおさないとならない時代ではないだろうか。

資源に乏しい日本で建っては壊されまた建っていく。一見活発な経済活動のようであるが、失っていることは途方もなく大きいのではないか。

日本の基本仕様を見直す必要がある。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

中山慶一

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する